異国情緒あふれる世界遺産の街 KLから日帰り旅行ならマラッカへ

観光

こんにちは!

マレーシア留学生のはるかです♪(^o^)

年の終わりも近づいていますが、

残されたマレーシア留学もあと1年だということに最近気がつきました。

1年前の今頃の記憶は鮮明に思い出せるので、1年はあっという間だと思います。

私は少々考えすぎてしまう癖があるのですが、その悪い癖のせいで最近、

1年後のこと、就職のこと、マレーシアを離れるのか、はたまた気が変わってマレーシアに残ることになるのか。。などなど考えても仕方ないようなことを考えすぎてなかなか眠りにつけないことが増えてしまいました(^^;;

(人生のゴールとは?など深いことを考えること自体が好きなだけかもしれませんが笑)

考えすぎちゃう時はアニメを見たり絵を描いたり好きなことをするようにしています。

(最近見ているアニメは呪術廻戦です、内容がシリアスになってきましたが・・💦)

アニメのコラボカフェだったり推し活だったりそういった文化を楽しめる日本が大好きですし、普段は日本が恋しすぎる私ですが、いざマレーシアを離れるとなるとやっぱり寂しくなりそうです・・笑

マレーシアにいる間はマレーシアでしかできないことを堪能しておきたいですね!

さて、今回はマレーシアの有名な観光地の一つ、マラッカに行った時の記事を書こうと思います!

マレーシアに来た当初からマラッカに行きたいとずっと思っていたのですが、なかなか行く機会がなく、今回やっと行くことができました(*^^*)

そして実は、1度マラッカに行って、あまりにも楽しすぎたので2週間後にまたマラッカに出向いたため、すでにマラッカには2度出かけました。笑

とても魅力的で面白い街なので、その魅力をこの記事で存分に綴らせて頂こうと思います笑

(すでにマラッカの虜になってしまっている私)

スポンサーリンク

マラッカってどんな街?

マラッカは、マレー半島の南部に位置する世界遺産の街です。

地図を縮小してもらうとわかると思いますが、海沿いに位置する街なので、あの歴史的に有名なマラッカ海峡を超えたその先に見える島はインドネシアになります。

マラッカの歴史は長く、14世紀のマラッカ王国の誕生まで遡ります。

その後、ポルトガルやオランダ、イギリスなど、様々な国の統治下を経て、西洋と東洋の文化融合の結果としてプラナカン(ババ・ニョニャ)文化というマラッカ独自の文化が生まれました。

一見、イポーなどと同じような中華系の街に見えますが、街を見渡すと植民地時代の名残であるヨーロッパ風のゴシック調の建物があったり、まさに多文化共生を具現した街だと感じました。

言い方を簡単にすると、文化がごちゃ混ぜのカオスな街(いい意味ですよ!)だということです。笑

マラッカに関わる有名人といえば、みんな大好き、髭が特徴的なフランシスコ・ザビエルさんです笑

彼が日本にやってきた時、実はその同時期、マラッカをベースにキリスト教を布教をしていたそうです。

KLからマラッカはバスで2時間半!日帰りは可能👍

KLからマラッカまで、地図で見ると距離があるように思えますが、実はバスで片道2時間半、そしてたったのRM10〜15ほどで行くことができます!

バスに乗るにはまずTBSというバスターミナルまで行きます。

Bandar Tasik Selatanという駅からバスターミナルは橋で繋がっていて徒歩3分ほどです。

チケットはオンラインで買うとQRコードで乗車できるので、とても便利です。

私はBus Online Ticket comというサイトで購入しました。

しかしここで事件発生。

はるか
はるか

なんと、朝のバスの時間に間に合いませんでした(゚ω゚)

とっても時間にルーズな国、マレーシアですが、マラッカ行きのバスはきちんと定刻通りに出ていました笑

オンラインでチケットを買うと、必ずそのバスに乗らないと、乗れなかった場合に買ったチケットを無駄にしてしまうので注意してください。

(というか、時間を気にして行動できれば問題ないのですが^^;)

幸いなことにその場でまたオンラインチケットを買い直して1時間後のバスに乗ることができました。

ちなみに2回目のマラッカ旅行の復路も、交通渋滞により予定していたバスに間に合いませんでした!!さすがに3回目はないよね、学んだよね(^^)

え?・・2度あることは3度あるって?・・

そんなツッコミは・・ヤメテ・・・クダサイネ?♡(^ – ^;)

バスの車内の自分の座席の上にあるエアコンは、向きや風の強さが調整できるので、寒すぎて困る!といったことにはならずに快適に過ごすことができました。

バスのグレードを少し上げてExecutiveにすると、座席にUSBがついていたり足元までリクライニングできたりするのでさらに快適に過ごすことができます。

ここからは基本的には休憩なし(復路ではなぜか1度ありましたが)で2時間〜2時間半ほどバスに乗っていることになるので、バスの前にはトイレを済ませておくといいと思います。

マラッカ到着!まずはお昼ご飯に名物チキンライスボール

マラッカのバスはMelaka Sentralというところに到着します。

ここから中心市街地までは少し距離があるので、Grabを取ることをお勧めします。

私の時は、天候などにも左右されますが、ターミナルからジョンカーストリートの入り口まで、RM11でした。

距離の割にはGrab代が安いと感じました。

KLはやっぱり高いのでしょうか・・!

マラッカについてまず感じたのは

日差しの強さがクアラルンプールとは明らかに違うのを感じました。

地理的な位置が赤道に近づくからでしょうか・・。

折り畳み傘があれば持って行く方がいいかもしれません。

私がマラッカを訪れた2回両日とも到着時刻が大体お昼頃だったので、

Melaka Sentralからお昼ご飯を食べるお店までGrabを取りました。

両日とも食べたのは

マラッカの名物、チキンライスボールです!

Chung Wah Chicken Rice Ball

ジョンカーストリートという商店街のような道があり、とても有名な観光地の一つなのですが、

このお店はその入り口のすぐそばにありました。

ここのお店では2人前、3人前のようにあらかじめ人数分のセットがあったので、優柔不断で決めるのに時間がかかる人(自分のことです😀)でも心配ありません笑

私の時は2人前のセットを頼み、飲み物を含め、一人RM17.5ほどでした。

肝心の味は、、

(食べ物に関するコメントがいつもこれですね私笑)

チキンは定番マレーシア料理であるチキンライスと同様で、もちろん美味しかったのですが、特にお勧めしたいのはライスボールです。

このライスボールは日本のおにぎりとは違い、ご飯の粒が潰れてしまうほど力強く握られており、そこにごま油の風味が凝縮されていて、その味と食感に私はハマってしまいました・・🥺

Ee Ji Ban Chicken Rice Ball

こちらは2回目のマラッカ旅行の時に訪れたチキンライスボール屋さんで、なんとGoogle Mapのreveiw が3400件ほどあり、高評価のコメントも多かったです。

場所はマラッカ島の近くで(モスクのあるところです)ジョンカーストリートなどの繁華街からは少し離れたところにあります。

到着すると、やはりそれなりの行列ができていて、けれどお店の回転がとても早いのですぐ席に通してくれました。

この時も二人で訪れたのですが、前回と違うのは通常のレストランと同じように自分たちで適量をオーダーする形式でした。

ローストチキンと蒸し鶏、そしてライスボールを食べました。

味は安定に美味しかったです(*゚▽゚*)💓

前回のレストランと比べると、味にそこまで大きな違いはなかったのですが、ホスピタリティや人気度の高さの点ではEe Ji Ban Chicken Rice Ballの方が優れていると個人的に思いました。

ただ場所や待ち時間などを含めて手軽さを考えるとChung Wah Rice Ballが良いと思います。

どちらのお店も行く価値があると思うので、ぜひ行ってみてください!

マラッカといえばあのシンボル的存在、オランダ広場!

17世紀半ばごろマラッカはオランダの支配下に置かれました。

その植民地時代に受けたオランダ文化の影響を現代まで形として残しているのが、このオランダ広場です。

赤茶色を基調とした時計台、教会などが立ち並ぶこの広場は、やはりマレーシアらしさというよりヨーロッパ風で、マレーシアで生活をしマレーシアの街並みを見慣れている私に取ってはとても“観光地”な場所でした。

どうしてもハートのモニュメントが禿げているのが気になるのは私だけでしょうか・・(°_°)

ただやはり・・

キラキラピカピカのキティちゃんの人力車(?)が大量に並んでいる姿は

ああ〜マレーシアだ〜〜と思いました笑笑

キティちゃん人力車、走るのはすごくゆっくりなのですが、爆音でビートを効かせた音楽を流しているのがすごくツボでした☆

ナイトマーケットが最高すぎる!有名中心街ジョンカーストリート

ジョンカーストリートは、マラッカに来たら訪れるべき有名な中心街です。

ジョンカーストリートのかわいいカフェ💓

原宿みたいな虹色のケーキを食べました!!(*゚▽゚*)

こういうものを見るだけでテンションが上がります↑↑( ✌︎’ω’)✌︎

The Daily Fix Cafe 店内も落ち着いた雰囲気でとても居心地が良かったです😍
ヘーゼルナッツコーヒー大好きです😊

カフェではないのですが、こちらのお店では有名なマレーシアローカルデザート、チェンドルがありました。

いわゆる激甘かき氷です🤩

我こそは生粋の甘党だ!!という方にはぜひ一度食べていただきたいです。

マラッカではチェンドルのお店をよく見かけましたが、ドリアンチェンドルというメニューを出しているお店もありました😳

食べ歩きで食い倒れ🤣 ナイトマーケット

金土日はナイトマーケットが開かれ、たくさんの出店が並びとても賑わいます。

以下は怒涛の屋台飯テロです🤤

左からチーズソース、チリソース、バーベキューソース。バーベキューソースはマックナゲットのあのソースと同じ味がしました🤭
一度は憧れるトルネードポテト!!美味しかったです
マンゴースムージーが個人的に大優勝でした!!!!マンゴーを惜しみなく使った贅沢でフレッシュな100%マンゴースムージーなので、ぜひ飲んでみてください!!
食べ物以外にアクセサリーも売ってました✨
髪がボサボサなのはご容赦ください😅

映え写真を撮るならモスクへ!夕日とともにベストショットを♡

マラッカには有名なモスクがあります。

ジョンカーストリートなどの繁華街からは少し離れた場所にあり、歩くのは難しいと思うのでグラブなど車移動が必須になるかと思います🚗

しかし、ついてみて驚いたことに、モスクは現在礼拝目的のムスリムの方以外の入場を禁止していました。

なんだぁ・・残念😭、と帰ろうとしたその時、

モスクの写真が綺麗に撮れるビュースポットを見つけました!

行ってみると、インドネシアの島とマレー半島を隔てる、かの歴史的有名なマラッカ海峡の海に直面する場所に出ることができました🤩

(マラッカ海峡というワードだけで心が躍る世界史大好き人間)

そしてこちらのモスクをご覧ください。

う、美しい・・!!😍

ちょうど日が傾き始め、夕日に照らされてキラキラと光る水面とほんのりオレンジ色に染まるモスクがなんともいえないほどロマンチックで綺麗でした・・。

ここにはブランコもあり、こんな映え写真も撮ることができますよ↓

この写真、すっごくお気に入りです☺️

綺麗な思い出の写真を撮りたい、という方はぜひここに訪れてみてください♡

まとめ

今回はマラッカの日帰り旅行について、私の経験を踏まえたくさんの写真と共に紹介させていただきました。

マラッカは歴史的有名な土地でクアラルンプールとは違った魅力やさまざまな学びがある上、首都近郊からであれば日帰りでリーズナブルに旅行できるのでとてもお勧めです!!

しかし、ここで一つ注意点です。

私は祝日のディパバリの日に訪れましたが、マラッカ市街地からバスターミナルまでの道のりが結構あり、グラブを取った際交通渋滞に巻き込まれ帰りの予約していたバスに間に合いませんでした・・😭

祝日の日は、どこの観光地もそうかもしれないですし当たり前のようですが、想像以上に混みますので人混みや臨機応変にスケジュール変更するのが苦手だという方は、祝日は避けた方が無難だと思います。

私の情報が皆様のご参考になれば幸いです♪( ´▽`)

ここまで読んでくださってありがとうございました!!

おまけ

みなさんはこのおかし、食べたことはありますか?

ココナッツのクッキーです🥥🍪

もしかしたらマラッカ以外でも買えるのかもしれませんが、私はマラッカのお土産屋さんの試食コーナーでこれを初めて食べて、予想以上に美味しかったのでハマってしまいました笑

(試食コーナーで少し多めに食べてしまう人(^^))

中は個包装になっているので、ばら撒きにも最適です👍

みなさんもぜひ買って食べてみてください♡

そしてこちら

とても綺麗な虹の写真が撮れました🌈

みんな虹の方を見ていました

こういった綺麗な空を見ることができるとそれだけで幸せな気持ちになります😌

またマラッカ行きたいなぁ〜〜(*´꒳`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました